マルルングルメ伝説
スイーツ・菓子

ホッとする味の千成もなかが絶品 – 千成もなか本舗 大塚

第182弾は大塚駅南口から歩いて2分の所にある和菓子屋「千成もなか本舗」大塚店を訪れました。

和菓子を買っていく常連客が多く、人気が伺えるもなか専門店ですね。

今回、マルルンも初めてここの最中を買ってみることにしました。

 

「千成もなか本舗」大塚店

メインの通りから外れ、決して目立つ場所ではないのに、店のオーラが強いのでしょうか…惹きつけられるものがあります。

おばあちゃん店員の客をもてなす振る舞いが心に染みました^^

ショーケースにはどら焼きや、バリエーションに富んだもなかがたくさん。

ここの人気メニューで店名と同じ商品である「千成もなか15個入り」1,650円(税込)を買ってみました!

 

千成もなか本舗の「千成もなか15個入り」1,650円(税込)

早速、箱を開けてみると、ひょうたん型をした最中が登場。

豊臣秀吉の馬印である千成ひょうたんから来ているらしいです。

おぐら餡、ごま、うめ、白餡、こし餡の5種類あります。

店員の話によれば、合成保存料を使用していないので、5日間ほどしか日持ちしないそうです。

 

5種類の千成もなかを並べてみる

マルルンが頑張って皮を剥がして撮影しましたwこれで、5種類の餡がびっしり詰まっているのが良くわかると思います!

最初にマルルンが手に取ったのはこしあんでした。(別に意味はない。何となく。)舌触りが滑らかで、思ったより甘い餡でした。

小倉あんは粒の食感をしっかり感じることができて、こし餡より小豆の風味がダイレクトにきます。

梅は割としょっぱめの味付けで、後味に梅のほのかな香りが鼻を抜けていく感じでした。

ここら辺で温かいお茶が欲しい…w

白あんは5種類の中で一番シンプルな甘さで、癖がない。食べやすいかも。

最後のごまはこしあんの中からゴマの風味が強く伝わってきます。よく見るとゴマのかけらが入っていました。

5種類全てを食べきり、ホッとした気持ちになったマルルンw

どれも個性豊かなもなかで、味の変化や食感を楽しむことができました^^

他の最中や、どら焼きが食べてみたくなりますね!

 

マルルングルメのフォローをお願いいたします!

マルルングルメ_ツイッターフォロー マルルングルメ_インスタグラムフォロー

 

評価(10点満点)

千成もなか15個入り

★★★★★★★★☆☆ 8
価格の安さ ★★★★★★☆☆☆☆ 6
ボリューム ★★★★★★☆☆☆☆ 6

営業時間:9:00~19:00

ホームページ:https://www.monaka.co.jp/

訪問月:2019年3月

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。