マルルングルメ伝説
そば 和食料理

繊細な細打ち蕎麦を鰹枯節一番出汁でいただく – 文殊 両国

第125弾は両国駅東口の目の前にある老舗そば店「文殊」両国駅前店を訪れました。
駅の近くで食べられる蕎麦店の中では評価が高いです。

●「文殊」両国駅前店
IMG_20181014_153927

両国駅東口から歩いて1分かかりません。
立ち食いと聞いたのですが、カウンターには椅子が置いてあります。

近くには本店がありますが、こちらの方が駅から近いです。

●「文殊」メニュー
IMG_20181014_154744
IMG_20181014_154748
IMG_20181014_154818

安いです^^

この時期限定の「きのこそば」530円(税込)に目がいったので、大盛り100円とかき揚げ80円をプラスして注文。

●文殊の「きのこそば大盛り+かき揚げ」710円(税込)
IMG_20181014_154407

注文して4,5分で登場。
これだけのボリュームを700円ちょっとで食べられるのがすごいです!

細麺のそばで食べやすく、すんなり口に入っていきます。
鰹枯節一番出汁のスープは奥深い味・・・
やや甘め。

かき揚げをスープに浸して食べるのもよし。カリカリの状態で食べるのもよしw

B級の立ち位置ですが、その中でもA級の品で間違い無いでしょう。
美味しかったです。

気軽に美味しい蕎麦を両国で食べるなら、かなりオススメです。

今度はうどんを食べてみよう!

評価(10点満点)

きのこそば大盛り+かき揚げ

★★★★★★★☆☆☆ 7
価格の安さ ★★★★★★★☆☆☆ 7
ボリューム ★★★★★★★☆☆☆ 7

 

接客態度 ★★★★★★☆☆☆☆ 6
店の雰囲気 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4

営業時間:[月~金]6:00~22:30  [土・日・祝]6:30~20:00
無休

訪問月:2018年10月

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。